4連勝中のウォリアーズは、今日はラプターズと対戦。

ウォリアーズの過去4試合の相手はペリカンズ・マブス・ナゲッツ・サンズで、全チームが負け越しチームでした。

なので、今日は久々に「強いチーム」と対戦することに。この試合前の時点で、ラプターズのシーズン成績は7勝3敗でした。

昨日キャバリアーズと対戦したラプターズ的には、中々タフなスケジュール。2016年チャンピオンの相手をしたあとに、2015年チャンピオンと対戦という。

 
Drake night

この試合では、ラッパーのドレイクが観戦に訪れていました。

ドレイクはラプターズのチーム大使でもあります。

f:id:popcornroom:20161117213127p:plain

ラプターズのホームゲームの時には不定期でDrake nightなるものが企画されていて、今日がその日。

ドレイク仕様のTシャツが観客に用意されていたり、試合の実況にドレイクが突然参加してきたりして、とにかくドレイク祭りになっていました。

自分は音楽に詳しくないからよくわからないけど、ドレイクってそんなにすごい人なのか。影響力パないな。

デュラントとはかなり仲がいいらしいです。

デュラントのブザービーター

今日もウォリアーズのスタメンはいつも通り。

やっぱり試合序盤はちょいとミスが多めです。

合わせのプレーでは、ザザがいいパスを貰うわりに決めきれない場面が目立ちました。ファウルはもらえてるんだけど、そこはどうにか&ワンにしてほしい。

 

ラプターズの試合を観るのは今季初だったんですけど、やっぱりラウリー&デローザンはいいっすね。

特にデローザンは動きがかっこいい。さすが得点王。

一時はラプターズが10点リードをする展開でした。

1Qは、デュラントの華麗なブザービーターで終了。

デュラントがスリーを打ったあとの、カリーのポーズがツボw

 
ラプターズファンを黙らせたシェフ・カリー

ウォリアーズは前半終了時点で13点のリードを奪っていましたが、3Qの中盤からラプターズの追い上げムードに。

5点差まで詰め寄られたときの、流れを断ち切るカリーの2連続3Pがかなりカッコよかったです。

盛り上がり度MAXだったラプターズホームが一気静まってましたね。こういう"空気読まないシュート"は大好き。後ほど載せるハイライト動画でご確認を。

ウォリアーズはその後も一度もリードを許さず、127-121で勝利しました。

試合のハイライト動画とBOXスコアを載せておきます。

f:id:popcornroom:20161117221159p:plain

カリーとデュラントが2人そろって30点オーバー

カリーはゲームハイの35得点を記録し、これで3戦連続の30点オーバーとなりました。

デュラントはキャリア250回目の30得点オーバー。

2人そろっての30得点越えは、これが初なんですよね。

この試合終了後、二人の平均得点は27.9点にそろいました。仲いいな。

いい感じで共存ができてますね。カリーの得点がどんどん上がっていってるのが嬉しい。

2人とも、FG50% & 3P40%の水準を超えているところもすごいです。

クレイの平均得点は今のところ18.5点になってますけど、たぶん近いうちに20点を超えてくるんじゃないかな。

3人が平均20点越えで、そのうち2人が25点オーバーしている選手のいるチームなんて、今までにあったけか。聞いたことがない気がする。

チームの完成度も、開幕戦の時に比べると格段によくなっていると思います。

いまだに所々でのショボいミスが目立つけど、それは昨季にもよくあったことでしたよね。

これだけのエンターテイメント集団には、多少のターンオーバーはご愛嬌。

「ドレイクナイトなんて屁でもない」

試合後のデュラントのインタビュー。

 

親友のドレイクが、わざとっぽくデュラントにぶつかって去っていきました。

デュラントはインタビューのシメで、

"I dont give a damn about no damn Drake night(ドレイクナイトなんて屁でもない)"

と毒舌をお見舞い。言うね。

 

次はセルティックスと!

 6連勝をかけ、ウォリアーズは次にセルティックスと対戦します。

カリーとトーマスのガード対決が楽しみだな。トーマスも今のところ平均27.2得点で絶好調なんですよね。

ウエスタン1位のクリッパーズは今日の試合に敗れ、黒星の数でウォリアーズと並びました。

そろそろ、ウォリアーズの時代がくるぜ。いざ、6連勝。