• とにかく言って置く、死ね。自分。
  • 街へ。HMVの試聴機のヘッドフォンが死んでいた。ROSSO聞きたいやんけクソが。JEUGIAへ。PVが流れていた。チバ髪ながっ!明日購入予定
  • 街は冬景色。オシャレな服でも買おう、でも一人で洋服屋に入る勇気が無い。勇気が無いので、振り絞って入ってみました、ゲーセンに。ひさしぶりぶりぶろっこりー。ウワサの鉄拳5を発見。両替機にて50円を作成、投入。ゲームスピードを選択し、モードを選択し、服の色を決定。そうして俺が選んだのはストⅡターボの白リュウ。ストⅡかい。いやま、鉄拳とかあのテのゲームは素人が手ェ出すとボコられて終わりそうな気配なので結局得意ジャンルに手を出しました。ヘタレでごめんよ。大嫌いな乱入台でプレイ。乱入台の欠点は、乱入してくる所だ(当たり前じゃボケ)。キモ色ベガ乱入。なんとかあっさり勝つ。3ラウンド先取はキモい。俺的にはありえん。さぁ、CPUと闘おう、またかよこいつ。サブいねんオマエは。ブランカかい。タメしか出来んのかオマエは。コマンドキャラで来いクズが。クズの感覚を狂わせてやろうとゲームスピードを下げると、どうやらその効果はこちら側にだけてきめんに出たようだ。うっわ、ノロっ。やりにくっ。俺、クズ?そして大いなる弱点、昇竜拳が出せない俺。無駄に上手く、小ジャブキャンセルで出たりするから本人ですら予測できず。しかしそれは、左側にいるときだけの話。右側に行けば、ローリングアタックだろうがスネークアッパー(しゃがみ大P)だろうが返す。ハイ、さよならー。そうしてまた。もうえっちゅうねん。なんだか向こうさんがヨッパライのダメ亭主のように思えてきた(亭主かどうか知らんが)。というか、とかく私のパターンは適当かつやる気なっすぃんぐなので、ある程度やってると読まれるのである。負ける。そうしてもっかいやる(オマエもやっとるがな)。「スパコンのあるスパⅡXキャラの方が得なのでは?」と言う事にようやく気付き、スパⅡXリュウで行く。そうして、真空波動拳を使わないまま、一体何のためにスパⅡXキャラにしたんだと言わんばかりにコロっと負け、100円も使っちゃったので去る。
  • 寺町を行く。わんぱくこぞうでバーチャ2か、先程酷い目に遭ったストⅡパックを買うか数分悩み、鉄拳3を買う。近所の電気屋へ。ここには昔高校時代、隣のクラスにいた子が働いている。その子はいつももう一人の相方と主に行動しており、みんななんだか知らんが「ホモ」と呼んでいたうちの一人が働いている。お互い気付いているのだろうが、向こうは挨拶をしなきゃならんから辛いだろうなぁ。でもってこっちも安いから行かざるを得ないのが辛いのだが。そこに行くといつも、なんだか申し訳ないような気がする。片や不良リーマン、片や休日返上戦士。ご苦労さんです。
  • 鉄拳3をやってみる。とにかく普通キャラでやるのが好きなので、仁を選択。クリア。ヤバ目になったら投げまくればなんとかなるのがこの手のゲーム。バーチャ2はそれだけ知ってれば誰でも倒せる‥とは言ってたがあんなもん嘘っぱちじゃ!ジャッキーに投げようと近寄ったらサマーソルトで一発で終わった時のあの空しさを知れ(みんなもっとうまいんだよきっと)!鉄拳はクリアするごとに使用できるキャラが増えていくので、仁の次はリーでプレイ。この手のトリッキーキャラは大嫌い。寝たら強いとか背を向けなきゃ始まらんとか。背を向けたらおもっくそ蹴られたわ!なんじゃこら。もっと流れるようなコンボで。中華っぽいおねえちゃんやったっけいい感じにコンボが出るキャラは。まぁ、どうせデビルが出たらそればかり使うんだけど。目からビーム☆ですわ♪