国産初のジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)を開発している三菱航空機(愛知県
豊山町)が平成29年3月期決算で負債が資産を上回る債務超過に陥ったことが1日、分かった。
開発の遅れにより費用が膨らんだためで、債務超過額は510億円。

 機体を納入するまで売り上げが計上できず、親会社の三菱重工業からの出資や借入金で事業を進め
ている。三菱重工は社長直轄で開発加速に乗り出しており「債務超過はMRJ事業に影響しない」と
説明した。

 債務超過は6月30日の官報に掲載された決算公告で判明した。MRJの納期は5度の延期を経て
約7年ずれ込み、32年半ばを目指している。開発費がそのまま損失として積み上がり、29年3月
末までの累積損失額は1510億円に達した。29年3月期の最終損益は511億円の赤字だった。

http://www.sankei.com/economy/news/170702/ecn1707020003-n1.html

コメント一覧
0
なにが技術大国じゃバカタレwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
すべて粉飾じゃねーかwwwwwwwwwwwwwwwww
日本人の皆さん目を覚ましてください
低脳なのを自覚してくださいwwwwwwwwwwwwwwwww
完成せず事業撤退するんじゃないの?
日本ってでかいもの作るの苦手だな。
H2ロケットの時も同じだけど
完璧を目指しすぎてるんじゃないか?
完成したら他の国が真似できないレベルに仕上がるんだろうけど
そう公表することが、まだまし。
精査すると赤字が5倍位になって監査担当が変えられる展開へ
>>7
隠しきれなくなっただけだろwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
正直に公表してエライでちゅねーっての小学生で卒業しろよwwwwwwwww
アメリカ製の部品も使ってるんだから、すり合わせも大変だろう?
どうなの